ディスクブレーキのロードバイク縦型輪行のやり方まとめ(R250超軽量輪行袋)

ディスクブレーキのロードバイクを縦型輪行すべく、R250の超軽量輪行袋を買いました!

【ロードバイクの電車輪行】R250の超軽量縦型輪行袋を買った

輪行する際にこの記事を見ながら自分が作業できるよう、いくつかの動画を見ながら手順をまとめました。

まずは場所探しから

駅近辺で輪行作業を行う際は、以下を意識して場所を探します。

  • 人通りの邪魔になりにくい
  • 壁際(ホイールを立てかけたりするので)
  • 点字ブロックの邪魔にならない

ギアはアウタートップにしておく

作業を始める前に、ギアはアウタートップにしておきます。フロントをアウターにするのは、輪行袋をフロントギアの歯で傷つけないようにするためです。

バイクについている周辺機器は外しておく

ボトルやサドルバッグやサイクルコンピューターなどは外しておきます。
ツールケースは干渉しなければそのままでも大丈夫です。

車体をひっくり返す

ひっくり返す際は前輪が動かないようにフロントフォークとシートチューブを持ってひっくり返します。

前輪を外し壁に立て掛ける

前輪のスルーアクスルを外し、ホイールを取り外して壁に立て掛けます。

スルーアクスルとダミーローターをセットする

ダミーローターを噛ませずにブレーキレバーを触ってしまうと大変です。
ホイールを立て掛けたらすぐに、スルーアクスルとダミーローターをセットします。

後輪を外し壁に立てかける

前輪同様、後輪も外します。
ディレイラーを少し持ち上げつつ、ホイールを持ち上げれば後輪は外れます。
前輪同様、壁に立てかけます。

リアブレーキにダミーローターをセットする

前輪と同じくすぐさまダミーローターをセットします。

スプロケット・ディスクローターにカバーを付ける

カバーは青x1と紫x2で色分けしています。理由は…

青がスプロケット用(オイルたっぷり)、紫がディスクローター用(オイル厳禁)と使い分ける必要があるためです。

後輪はスプロケットとディスクローターにカバーをします。

前輪はディスクローターにカバーをします。

エンド金具を取り付け

エンド金具の内容物を確認

コの字の金具、シャフト、ワッシャーが2つ、パーツが揃っているか確認します。
シャフトについているナットは、シャフトの先端と揃えておきます。

アウタートップからアウターローへ

今ギアはアウタートップの状態になっていますが、このタイミングでアウターローにしておきます。

このやり方ではエンド金具にチェーンを引っ掛けてチェーンが弛まないようにします。
その際、アウタートップのままだとチェーンがフレームと擦れてしまうため、アウターローに変更します。

アウタートップの状態から…

アウターローへ変更します。フレームの内側に移動したのが分かるでしょうか?これでチェーンとフレームの干渉が軽減できます。

この状態にしたらエンド金具を取り付けていきます。

エンド金具の取り付け

まずワッシャーをスルーアクスルに引っ掛けます。
ワッシャーはギザギザの面を内側にします。

手を離しても落ちません。

次はエンド金具を引っ掛けます。ここもこの状態なら手を離しても大丈夫です。

チェーンをシャフトに引っ掛けた状態でスルーアクスルを通し、ディレイラー側にもワッシャーをセットします。ここでもギザギザ面を内側(エンド金具側)にしたワッシャーをセットします。

スルーアクスルをねじ込めばエンド金具の取り付け完成です。

この後フレームを左へ90度回転します。
写真と同じようにチェーンステーと同じ角度にセットしておくと、ちょうどよく地面と接地します。

輪行袋に入れる

輪行袋の中身を確認

ついに輪行袋の登場です。
まずは3本入っているバンドを使って、フレームとホイールを固定していきます。

フレームとホイールを3本のバンドで固定

まずフレームを90度回転し、エンド金具とサドルで支えている状態にします。

その後、フレームをタイヤで挟み、ハンドルを手前に90度傾けます。

  • リアタイヤはフレームの手前側
  • フロントタイヤはフレームの向こう側

にセットします。
ホイールはディスクが外側にくる状態でセットします。紫のカバーがそれぞれ外側に配置される形です。

ペダルの位置は写真を参考にあわせておきます。

固定バンドで三箇所をとめます。バンドが正三角形になるように止めていきます。

輪行袋を広げてセット

輪行袋を広げます。袋は外側に向かって広げるようにすると良いです。底面には向きを示すイラストが書かれているので、記載の通りの向きに自転車を置きます。

この際、固定バンドが緩んでいないか、ガタガタしていないかのチェックを行いましょう。

イラストの指示に従い、向きを合わせて底面に自転車をセットします。

肩掛け紐を通す

BBあたりで肩掛け用の紐の輪っかを通して…

袋の手前側にある穴から紐を出して…

ダウンチューブあたりで輪っかを固定すれば、肩掛け用の紐が完成です。

広げた輪行袋がどこかに引っかかっていないかを確認しながら、慎重に引き上げていきます。

輪行作業完了!

袋の口は巾着のようになっているので、左右均等に紐を絞っていきます。写真のようになれば完了です。持ち上げた輪行袋を下ろす際は、サドル側→エンド金具側の順に接地させるようにします。

以上で、輪行準備が整いました!
改札や狭い通路でディレイラーやフレームに衝撃を与えないよう、気をつけて輪行します。

今回はディスクブレーキのロードバイクでしたが、次回はリムブレーキのロードバイク輪行についても手順をまとめてみたいと思います!

【解決済】BIANCHI SPRINT DISC のスルーアクスルがねじ込めなくなった

結論

先に結論を書いておくと、T20のトルクスレンチでスルーアクスルを受けるプレートを締めなおせば解決しました。

スルーアクスルがはまらない!

後輪のスルーアクスルがどうにもはまらなくて発狂しそうでした

zwift と外ライドを同じBIANCHI SPRINT DISC一台で行っているので、スルーアクスルを外したり取り付けたりする機会は多いのですが、購入からしばらくすると後輪のスルーアクスルが一発ではまらないことが増えてきました。

最初はグリグリやってれば入ったりもしていたのでそこまで気にしませんでしたが、ある日20分くらい試してもスルーアクスルがはまらないようになりストレスがピークに。
本格的に原因を調べることにしました。

原因はスルーアクスルを受けるプレートのズレ

正常な状態(手前の穴も向こう側の穴も真円)ならスルーアクスルは簡単にはまります
スルーアクスルがはまらないときはこうなっている(円の形が真円でない)

スプロケットの先でスルーアクスルの雄ネジを受ける雌ネジのプレートは、実はフレームを挟んで2枚のプレートで構成されてました。

スルーアクスル は ホイール & スプロケットを通って、雌ねじプレート1枚目 → フレーム本体穴 → 雌ねじプレート2枚目 を通ってねじ込まれます。

この雌ネジプレート1枚目と2枚目の穴がずれる事により、スルーアクスルがねじ込まれないということになっていました。

プレートを揃えてネジを締め直す

ということで1枚目2枚目のプレートを揃えて真円になるようにして、星型のネジをT20トルクスレンチで締め直せばOKでした。

ネジを締め直してもうまく入らない.. というときは、フレーム内側にある1枚目のプレートが下方向に若干動いている可能性があります。ディレーラーハンガーあたりをグッと上方向に押し上げることで、1枚目のプレートも持ち上がり、写真のような「正円」状態になります。

仕組みが分かれば慌てず対処ができますね。

SPRINT DISC特有の問題なのか、このプレートのズレはよく起きるので輪行の際もT20トルクスレンチを持ち歩いたほうが安心そうだなと思いました。携帯工具になかなか含まれていないんだよな…T20って…

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥363 (2022/05/28 07:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

と思ったら、TOPEAKの携帯工具でT20が入ったやつがありました。

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥1,700 (2022/05/28 07:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

ということで、スルーアクスルがはまらず難儀している方の助けになれば幸いです。

同じ症状に悩んで解決に至った先人が記録を残してくださっていて本当に助かったので、私も記録しておくことにしました。

【ロードバイクの電車輪行】R250の超軽量縦型輪行袋を買った

もっと遠くへ行ってみたい → 輪行

最近は100kmを超えるライドが徐々にできるようになってきたこともあって、近所を往復するのもいいけど、ロードバイクで色々なところへ行ってみたいなーと思うようになりました。
何より輪行できると、遠出しても電車で帰るという選択肢も選べるし、安心感が増しそう。

ということで輪行に興味が湧いてきたので輪行袋について調べてみることに。

先に結論を書くと、ワールドサイクルさんが商品開発した【R250 ディスクブレーキ用 超軽量縦型輪行袋】を購入したので、どんな感じで選んでいったのかメモしておきます。

まずはtwitterで聞いてみた

ググってもおすすめ輪行袋●選とかばかり出てきて、結局どれを選べばいいか分からない… ということでtwitterで聞いてみました。

ざっくり分けると

  • 縦型・・・コンパクトに輪行できて電車向きだが、エンド金具が必要だったり手順が多い
  • 横型・・・ホイールを外して袋に入れれば良いものが多く楽だが、縦型に比べ場所を取る

という感じかな。電車輪行をメインに考えていたので【縦型】から選ぶことに。

twitterで教えていただいたR250の輪行袋が良さそうだったので調べてみると、縦型輪行袋だけでもいろんなタイプが用意されてました。

R250の輪行袋一覧(ワールドサイクルさんのサイトへ飛びます)

大別するとこんな感じ。

R250 縦型輪行袋ディスクブレーキ用リムブレーキ用
超軽量タイプR250 ディスクブレーキ用 超軽量縦型輪行袋 ブラック ダミーローター・12mmスルーアクスル用エンド金具・輪行マニュアル付属
8,440円(税込)
R250 超軽量縦型輪行袋 ブラック 9mmクイック用エンド金具・輪行マニュアル付属
6,600円(税込)
軽量タイプ【特急】R250 ディスクブレーキ用 縦型軽量輪行袋 江戸紫 フレーム/スプロケットカバー・輪行マニュアル ダミーローター・12mmスルーアクスル用エンド金具付属 パープル【特急】R250 ディスクブレーキ用 縦型軽量輪行袋 ブルー フレーム/スプロケットカバー・輪行マニュアル ダミーローター・12mmスルーアクスル用エンド金具付属R250 ディスクブレーキ用 縦型軽量輪行袋 ブラック フレーム/スプロケットカバー・輪行マニュアル ダミーローター・12mmスルーアクスル用エンド金具付属
8,000円(税込)
【特急】R250 縦型軽量輪行袋 江戸紫 9mmクイック用エンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属【特急】R250 縦型軽量輪行袋 ブルー 9mmクイック用エンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属【特急】R250 縦型軽量輪行袋 ブラック 9mmクイック用エンド金具、フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属
6,060円(税込)
価格は 2022/05/03時点のものです

超軽量タイプは黒一色。
軽量タイプは江戸紫、青、黒の三色展開のようです。

発売されて間もない【超軽量】タイプのディスクブレーキ用を選びました(表の左上のやつ)。

R250の超軽量縦型輪行袋(ディスクブレーキ用)が届いた

購入した輪行アイテムたち

R250超軽量縦型輪行袋に含まれるもの

  • 超軽量輪行袋 x 1
    • 固定バンド x 3
    • 肩掛け用の紐 x 1
  • エンド金具セット x 1
  • スプロケットカバー(青) x 1
  • 輪行マニュアル(説明書)
  • 猫型ダミーローター x 2

あわせて買ったもの

  • スプロケット・ローターカバー(紫) x 2

ディスクブレーキのローターに油がつくのは厳禁なので、間違えないように

  • スプロケットカバーは青
  • ディスクブレーキのローターカバーは紫

と色を分けることにしました。

輪行袋を使ってみた感想

とりあえず自宅のベランダで輪行袋を使ってみました。
ワールドサイクルの輪行マイスター動画をいくつか見るとそれらしく輪行袋に収めることができました!

参考にした動画

ディスクブレーキロードバイクの縦型輪行はこれを見れば全容が分かる
ディスクブレーキのエンド金具をつかってチェーンにテンションをかける方法
リムブレーキのロードバイクの輪行ならこの動画

サドルバッグに輪行袋を入れてみる

サドルバッグはオルトリーブのものを使ってるんですが、超軽量タイプにしたおかげか余裕で収まりました。

R250 超軽量輪行袋の重さは?

  • 超軽量輪行袋・・・173g
  • エンド金具・・・140g
  • ダミーローター・・・8g(4g x 2)
  • スプロケット・ローターカバー・・・42g(14g x 3)

合計しても313gと比較的軽量です。これなら持ち運びも大丈夫そうです。

まとめ

ということで、R250の縦型超軽量(ディスクブレーキ用)を買った記事でした。

最近、奥さんのロードバイクも注文したこともあって、自転車が届いて乗り慣れたら一緒に輪行で遠出できるといいな〜と思ってます。

Amazonで輪行袋を探す

created by Rinker
アールニーゴーマル(R250)
¥5,509 (2022/05/28 07:54:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アールニーゴーマル(R250)
¥440 (2022/05/28 07:53:44時点 Amazon調べ-詳細)

Wahoo KICKR x zwift で365日自転車に乗れる環境を作る

天気も気温も関係なく自転車に乗りたい

BIANCHI SPRINT DISCを21年10月に購入したものの、まだ10キロ以上のライドは2回しかない!
季節は夏から秋を通り越して冬になってしまった…。週末に限って天気は悪いし、寒いし、買い揃えたウェアは半袖…。

せっかくロードバイク買ったのになーと同僚と話していたら、スマートトレーナーの存在を教えてもらった。

バーチャルライドなら、雨も気温も関係ないし良さそう!と思い立って、数日調べた結果、スマートトレーナーWahoo KICKRを購入。

ここ数年で見ても目に余る散財だと思いつつ、どうせ買うならと見た目もかっこいい Wahoo KICKR にしました。

ワイズロードのスマートトレーナーパックを購入

といってもWahoo KICKRを 単体で購入したわけじゃなく、ワイズロードの「スマートトレーナーパック」という商品を購入しました。

19万円相当が15万円になるお得パック

スマートトレーナーだけでなく、トレーナーマット、zwiftと連動するELITEのステアリングブロック「ELITE STERZO SMART」、汗がフレームに落ちるのを防ぐタオル地のネットがセットになった福袋的なパック。

15万もするのにどのスマートトレーナーが入ってるとは書いてない。しかしTwitterを見ていると、15万円のパックを買った人には軒並みWahoo KICKRが届いてるようだったので、多少緊張しつつもポチっとしました。

スマートトレーナーパックが届く、果たして中身は。

注文から2日で到着、意外と早い。そして、無事希望していたWahoo KICKRだったので安堵。

ver5は現時点では最新のモデルらしく、AXIS FEETという自転車を多少左右に振れる機構がついたやつだった。

version: 4.0じゃなくてよかった…

スマートトレーナー以外のアイテムもついて15万円のパックに対して、単体購入は16万以上。あれ、計算が合わないぞ… 値付けの意図がわからないのだけど、お得に買えてよかったです。ありがとうワイズロードさん。

箱はこんな感じ。とにかく重い。腰が死ぬ。

ちなみに、スマートトレーナーパックには10万パックと15万パックがあり、10万のパックにはSARISのH3というのが入ってる模様(中身は定期的に見直されてるようなので、購入時はこうだったということで参考程度に)。

開封から設置まで

コンパクトな見た目から想像できないくらい重くて、開封と設置にはかなり苦労した。狭い仕事部屋に無理やりスペースを用意したこともあってだいぶ苦労したがなんとか設置完了。

事前に購入した方の動画をたくさん見て設置手順は把握できていたので、設置は割とスムーズに終わった。

スルーアクスルのサイズは事前に調べていたので、迷わずセッティングできた。

セッティング完了

唯一、後輪を外してWahoo KICKRにチェーンをはめるところがなかなかうまくいかず、家族に手伝ってもらった。ステアリングのブロックを使って前輪を固定しておけばもっと楽だったかもしれない。

ELITE STERZO SMART を使うと前輪が浮く

これは設置して気づいたのだけど、前輪をELITE STERZO SMART に乗せていると約5cmほど常に前輪が浮いた状態になる。

この5cmがお尻にダメージを与える

そうするとサドルが若干後傾するのか、お尻が痛くなってしまった。

せっかくのアイテムがお蔵入りか…と思ったが、Wahoo KICKRには自転車のサイズにあわせて高さを調整する機構があった。

穴の位置を変更することで高さが変わる(めちゃ硬い)

固定する位置を 700C用 ⇒ MTB29″ に変更してみたところ、サドルの位置が水平になりお尻の痛みも軽減された。

おおよそ水平になった!

いよいよZWIFTをはじめるぞ

と行きたかったのだが、wahoo kickr の設置が終わったら疲れ果てた上に、日付が変わってしまったので力尽きた。

次はzwiftの導入。この話は別エントリで記録できればと思います。

Bianchi SPRINT DISCのエンド幅とスルーアクスルのサイズを調べた

メンテナンスしてると屈んで作業になるので腰にくる… ということでメンテナンススタンドを買おうと思ったんですが、エンド幅?とかスルーアクスルのサイズ(太さ?)とか色々なワードが出てきて意味が分からなかったので調べてみました。

参考にしたページ

【横浜Techセンター / ディスクロード】スルーアクスルって何!? | Y’s Road 横浜店
http://ysroad.co.jp/yokohama/2017/09/22/27925

Bianchi SPRINT DISC 50サイズ アルテグラDi2 ロードバイク
https://bianchi.ocnk.net/product/2883

これらのページを見れば、BIANCHI SPRINT DISC 105のエンド幅とサイズは以下のようになるようだ。

BIANCHI SPRINT DISC 105フロントリア
エンド幅100mm142mm
スルーアクスルのサイズ12mm12mm
スルーアクスルのサイズはフロント・リアともに12mmだった

実際に測ってみる

実際にどこのことを指してるのかまだはっきりしなかったので、実際に計測してみた。

フロントのエンド幅

フロントフォークの内側がほぼ100mmだった。おそらくここだろう。

リアのエンド幅

フロントと同じく内側の長さが142mmだった。

ということでエンド幅というのは、スルーアクスルの穴がある部分の内側同士を結んだ距離を指すようだ。

スルーアクスルのサイズ

参考にしたページではフロント、リアともに12mmという記載があったが、確かに両方とも12mmだった。

フロントのスルーアクスルを測ってみる

スルーアクスルのサイズとは、シャフトの一番太い部分の径を指すようだ。

サイズ表記ってどこの距離を指しているのか分かんないから、実際に測ってみると納得。これで適合するかどうかの判断が自信をもってできそうだ。

Bianchi SPRINT DISC (2021年モデル) を購入

仕事部屋に保管スペースを作って設置

バイク選び

記念すべき一台目のロードバイクを何にするか、決して安い買い物ではないので悩んだけど、最終的に ビアンキの SPIRNT DISC にした。

ビアンキのサイトから拝借

推しのチーム JUMBO VISMA が使っていたこともあってチェレステカラーには思い入れもありビアンキにした。加えてカーボンフレーム、かつディスクブレーキ搭載でお値段も比較的お手頃だったということでSPRINT DISCに決定。

JUMBO VISMAはcerveloを使っているけどあれは初心者がいきなり手を出すにはお高すぎる…

フレームサイズは53か55かで店員さんも迷われていたが、ハンドル落差が少なめな55サイズにしました。

購入時に簡易な測定サービスをやってもらったところ、同身長の平均より腕が短いことが分かった…。

バイオレーサー ライトというサービス

55サイズだとハンドルの位置が遠くなることもあって、ステムは標準より短いものに交換してもらったがそれ以外は標準のままで購入。

注文は9月だったが受け取りまでは1ヶ月程かかるということで、その間に周辺グッズをあれこれ探す日々が始まるのだった…

今回買ったもの

Bianchi SPRINT DISC 250,800円(税込)
購入場所: Y’s Road 川崎
購入日: 2021/9/12(受け取りは2021/10/10)

Bianchi SPRINT DISC のSPEC

モデルチェンジするとサイトから消えそうだからメモっておく。

FRAMESPRINT CARBON MONOCOQUE PRESSFIT 86,5×41 COMPATIBLE MECHANICAL AND ELECTRONIC
FORKFULL CARBON 1.1/8″-1.4″
COLOUR1D – CK16 Glossy
SW – Black/Graphite Glossy
SIZE47 / 50 / 53 / 55 / 57
PRICE¥250,800(税抜価格 ¥228,000)
CODEYRBJ0T
HeadsetFSA ORBIT C-33, NO.44E, 1.1/8″”>1.1/4″”
Seat CrampInbcluded in the Frame
ShiftersSHIMANO 105 ST-R7020 2X11SP, SHIMANO 105 ST-R7025 2X11SP SMALLER LEVER SIZE FOR SIZES 47-50-53CM
Rear DerailleurSHIMANO 105 RD-R7000 GS 11SP
Front DerailleurSHIMANO 105 FD-R7000-L
CranksetCRANK LENGTH: 170MM-47/53CM, 172.5MM-55/57CM
BBSHIMANO SM-BB71-41B, PRESSFIT
ChainKMC X11-1 EPT FINISH, 11SP
SprocketSHIMANO 105 CS-R7000, 11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32T
BrakesSHIMANO 105 BR-R7070
Brake RotorSHIMANO SM-RT70, DIAM. 160MM
Brake LeverINCLUDED W/SHIFTERS
Wheel/RimVELOMANN VR30 ALLOY, 622X19C DISC BRAKE, CLINCHER
Front HubINCLUDED W/WHEELS
Rear HubINCLUDED W/WHEELS
TireVITTORIA RUBINO IV 700X28, 60TPI, G2.0 GRAPHENE
StemVELOMANN ALLOY 6061, RISE +/ – 7°, HEIGHT 38MM, OVERSIZE, 1.1/8″, EXT: 70MM-44CM, 90MM-47/50CM, 100MM-53CM, 110MM-55/57CM
HandlebarVELOMANN ALLOY 6061, RISE +/ – 7°, HEIGHT 38MM, OVERSIZE, 1.1/8″, EXT: 70MM-44CM, 90MM-47/50CM, 100MM-53CM, 110MM-55/57CM
GripsLA SPIRALE RIBBON CORK
Seat postVELOMANN ALLOY SHAFT AL6061, ALLOY HEAD, 15MM OFFSET, 27,2MM, LENGTH: 300MM-44CM, 350MM-47/57CM
SaddleVELOMANN 1285 URN, STEEL RAILS, LENGHT/WIDE 278X144MM

ブログをはじめました

数年前からツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャなどのサイクルロードレースを好きで観ていたんだけど、観るに飽き足らず「自分でも乗ってみたい…」という気持ちが芽生えて来たので、ついにロードバイクを買いました。

ということで初心者のときしか感じないであろう疑問や悩みも含めて記録していこうと思います。