メンテナンス

【BR-R561のブレーキ調整】ブレーキシューチューナー(YC-193)が便利だった

奥さんのロードバイク(VIA NIRONE7 105)が納車されて、初めてリムブレーキモデルに触れることになったんですが面白いですね。最初は恐る恐るボルトを閉めたりしてましたかが、だいたいの仕組みがわかると怖くない。

加えて、ブレーキの調整に便利なツールがあることを知ったのでまとめました。

前後でブレーキの感触が違う?

オンラインで購入したので納車後に気づいたんですが、前後のブレーキで握ったときの当たり具合が違うんですよね。フロントブレーキはリムとブレーキシューの隙間が殆どなく、引きしろもほとんどない状態でした。一方でリアはちょうどよい隙間と引きしろだったので、この感じを目指してフロントのブレーキを調整することにしました。

ちなみにブレーキは「SHIMANIO BR-R561」というモデルで、デュアルピボットブレーキというタイプでした。

BR-R561

余談ですが、アルテグラや、デュラエースのリムブレーキは「SLR-EV採用(左右対称デュアルピボットブレーキキャリパー)」というさらに上位の機構を備えているそうです。気になる。

まずはBR-R561の説明書を読む

BR-R561の説明書

やりたいことは「ブレーキの引きしろを今よりも多くしたい」なので、ブレーキシューとリムの間(シュークリアランス)を今よりも広くする必要がありそうです。

ブレーキワイヤーの張り直し

再び説明書を見る

説明書にはブレーキ調整ボルトを時計回りに回せばシューとリムの間は広がるとありますが、試してみたところこれ以上は回せない状態でワイヤーが固定されてました。

ワイヤーを現状よりも緩めて固定し直します

そうなるとワイヤーを張り直すしかなさそうです。
ワイヤーをロックするボルトを緩め、元の位置よりもワイヤーが少し緩めになるよう固定し直しました。

ブレーキキャリパーのセンター出し

次にブレーキキャリパーのセンター出しを行います。リムとブレーキシューの隙間が左右均等になるようにするのがセンター出しです。

この奥に見えるボルトを緩めます


まずはフレームとブレーキキャリパーを固定するボルトを緩めた状態で、ブレーキをかけます。
その状態で固定ボルトを締める(規定トルク 8-10Nm)ことで、センターを出すことができます。

最後にブレーキシューの位置と角度を調整すれば完了です。

ブレーキシューの位置・角度調整はブレーキシューチューナーを使用

created by Rinker
バイクハンド(Bike Hand)
¥500 (2022/06/27 23:11:18時点 Amazon調べ-詳細)

角度の調整はトーイン調整と呼ばれるそうで、ブレーキシューチューナーがあると感覚に頼らず位置や角度を決めることができました。

私は以下の手順でやってうまくできました。

リムブレーキのクイックリリースレバーを解除(つまみが上を向くように)

ブレーキシューを固定するボルトが自由に動くくらい緩め、ブレーキシューチューナーを左右に挟み込み位置を揃える(チューナーには左右の区別があるので注意)

プレートの位置を揃えた状態

クイックリリースレバーをもとの位置に戻します。

ブレーキシューの固定ボルトを締めます(規定トルクは5-7Nm)

シューの位置は上端から1mm以上開けます

固定し終わったらもう一度クイックリリースレバーを解除して、ブレーキシューチューナーを取り外し、再び元の位置へ戻せば完成です。

ということで数百円のプラスチックの板ですが、こういう道具ってあると良いですね。

参考にした記事・動画


加えてトルクレンチがあると締め具合も感覚に頼らずできるので、あると便利でした。

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥11,900 (2022/06/28 20:45:45時点 Amazon調べ-詳細)

ディスクブレーキのロードバイク縦型輪行のやり方まとめ(R250超軽量輪行袋)

ディスクブレーキのロードバイクを縦型輪行すべく、R250の超軽量輪行袋を買いました!

【ロードバイクの電車輪行】R250の超軽量縦型輪行袋を買った

輪行する際にこの記事を見ながら自分が作業できるよう、いくつかの動画を見ながら手順をまとめました。

まずは場所探しから

駅近辺で輪行作業を行う際は、以下を意識して場所を探します。

  • 人通りの邪魔になりにくい
  • 壁際(ホイールを立てかけたりするので)
  • 点字ブロックの邪魔にならない

ギアはアウタートップにしておく

作業を始める前に、ギアはアウタートップにしておきます。フロントをアウターにするのは、輪行袋をフロントギアの歯で傷つけないようにするためです。

バイクについている周辺機器は外しておく

ボトルやサドルバッグやサイクルコンピューターなどは外しておきます。
ツールケースは干渉しなければそのままでも大丈夫です。

車体をひっくり返す

ひっくり返す際は前輪が動かないようにフロントフォークとシートチューブを持ってひっくり返します。

前輪を外し壁に立て掛ける

前輪のスルーアクスルを外し、ホイールを取り外して壁に立て掛けます。

スルーアクスルとダミーローターをセットする

ダミーローターを噛ませずにブレーキレバーを触ってしまうと大変です。
ホイールを立て掛けたらすぐに、スルーアクスルとダミーローターをセットします。

後輪を外し壁に立てかける

前輪同様、後輪も外します。
ディレイラーを少し持ち上げつつ、ホイールを持ち上げれば後輪は外れます。
前輪同様、壁に立てかけます。

リアブレーキにダミーローターをセットする

前輪と同じくすぐさまダミーローターをセットします。

スプロケット・ディスクローターにカバーを付ける

カバーは青x1と紫x2で色分けしています。理由は…

青がスプロケット用(オイルたっぷり)、紫がディスクローター用(オイル厳禁)と使い分ける必要があるためです。

後輪はスプロケットとディスクローターにカバーをします。

前輪はディスクローターにカバーをします。

エンド金具を取り付け

エンド金具の内容物を確認

コの字の金具、シャフト、ワッシャーが2つ、パーツが揃っているか確認します。
シャフトについているナットは、シャフトの先端と揃えておきます。

アウタートップからアウターローへ

今ギアはアウタートップの状態になっていますが、このタイミングでアウターローにしておきます。

このやり方ではエンド金具にチェーンを引っ掛けてチェーンが弛まないようにします。
その際、アウタートップのままだとチェーンがフレームと擦れてしまうため、アウターローに変更します。

アウタートップの状態から…

アウターローへ変更します。フレームの内側に移動したのが分かるでしょうか?これでチェーンとフレームの干渉が軽減できます。

この状態にしたらエンド金具を取り付けていきます。

エンド金具の取り付け

まずワッシャーをスルーアクスルに引っ掛けます。
ワッシャーはギザギザの面を内側にします。

手を離しても落ちません。

次はエンド金具を引っ掛けます。ここもこの状態なら手を離しても大丈夫です。

チェーンをシャフトに引っ掛けた状態でスルーアクスルを通し、ディレイラー側にもワッシャーをセットします。ここでもギザギザ面を内側(エンド金具側)にしたワッシャーをセットします。

スルーアクスルをねじ込めばエンド金具の取り付け完成です。

この後フレームを左へ90度回転します。
写真と同じようにチェーンステーと同じ角度にセットしておくと、ちょうどよく地面と接地します。

輪行袋に入れる

輪行袋の中身を確認

ついに輪行袋の登場です。
まずは3本入っているバンドを使って、フレームとホイールを固定していきます。

フレームとホイールを3本のバンドで固定

まずフレームを90度回転し、エンド金具とサドルで支えている状態にします。

その後、フレームをタイヤで挟み、ハンドルを手前に90度傾けます。

  • リアタイヤはフレームの手前側
  • フロントタイヤはフレームの向こう側

にセットします。
ホイールはディスクが外側にくる状態でセットします。紫のカバーがそれぞれ外側に配置される形です。

ペダルの位置は写真を参考にあわせておきます。

固定バンドで三箇所をとめます。バンドが正三角形になるように止めていきます。

輪行袋を広げてセット

輪行袋を広げます。袋は外側に向かって広げるようにすると良いです。底面には向きを示すイラストが書かれているので、記載の通りの向きに自転車を置きます。

この際、固定バンドが緩んでいないか、ガタガタしていないかのチェックを行いましょう。

イラストの指示に従い、向きを合わせて底面に自転車をセットします。

肩掛け紐を通す

BBあたりで肩掛け用の紐の輪っかを通して…

袋の手前側にある穴から紐を出して…

ダウンチューブあたりで輪っかを固定すれば、肩掛け用の紐が完成です。

広げた輪行袋がどこかに引っかかっていないかを確認しながら、慎重に引き上げていきます。

輪行作業完了!

袋の口は巾着のようになっているので、左右均等に紐を絞っていきます。写真のようになれば完了です。持ち上げた輪行袋を下ろす際は、サドル側→エンド金具側の順に接地させるようにします。

以上で、輪行準備が整いました!
改札や狭い通路でディレイラーやフレームに衝撃を与えないよう、気をつけて輪行します。

今回はディスクブレーキのロードバイクでしたが、次回はリムブレーキのロードバイク輪行についても手順をまとめてみたいと思います!

【解決済】BIANCHI SPRINT DISC のスルーアクスルがねじ込めなくなった

結論

先に結論を書いておくと、T20のトルクスレンチでスルーアクスルを受けるプレートを締めなおせば解決しました。

スルーアクスルがはまらない!

後輪のスルーアクスルがどうにもはまらなくて発狂しそうでした

zwift と外ライドを同じBIANCHI SPRINT DISC一台で行っているので、スルーアクスルを外したり取り付けたりする機会は多いのですが、購入からしばらくすると後輪のスルーアクスルが一発ではまらないことが増えてきました。

最初はグリグリやってれば入ったりもしていたのでそこまで気にしませんでしたが、ある日20分くらい試してもスルーアクスルがはまらないようになりストレスがピークに。
本格的に原因を調べることにしました。

原因はスルーアクスルを受けるプレートのズレ

正常な状態(手前の穴も向こう側の穴も真円)ならスルーアクスルは簡単にはまります
スルーアクスルがはまらないときはこうなっている(円の形が真円でない)

スプロケットの先でスルーアクスルの雄ネジを受ける雌ネジのプレートは、実はフレームを挟んで2枚のプレートで構成されてました。

スルーアクスル は ホイール & スプロケットを通って、雌ねじプレート1枚目 → フレーム本体穴 → 雌ねじプレート2枚目 を通ってねじ込まれます。

この雌ネジプレート1枚目と2枚目の穴がずれる事により、スルーアクスルがねじ込まれないということになっていました。

プレートを揃えてネジを締め直す

ということで1枚目2枚目のプレートを揃えて真円になるようにして、星型のネジをT20トルクスレンチで締め直せばOKでした。

ネジを締め直してもうまく入らない.. というときは、フレーム内側にある1枚目のプレートが下方向に若干動いている可能性があります。ディレーラーハンガーあたりをグッと上方向に押し上げることで、1枚目のプレートも持ち上がり、写真のような「正円」状態になります。

仕組みが分かれば慌てず対処ができますね。

SPRINT DISC特有の問題なのか、このプレートのズレはよく起きるので輪行の際もT20トルクスレンチを持ち歩いたほうが安心そうだなと思いました。携帯工具になかなか含まれていないんだよな…T20って…

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥360 (2022/06/27 23:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

と思ったら、TOPEAKの携帯工具でT20が入ったやつがありました。

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥1,700 (2022/06/28 07:51:52時点 Amazon調べ-詳細)

ということで、スルーアクスルがはまらず難儀している方の助けになれば幸いです。

同じ症状に悩んで解決に至った先人が記録を残してくださっていて本当に助かったので、私も記録しておくことにしました。

Bianchi SPRINT DISCのエンド幅とスルーアクスルのサイズを調べた

メンテナンスしてると屈んで作業になるので腰にくる… ということでメンテナンススタンドを買おうと思ったんですが、エンド幅?とかスルーアクスルのサイズ(太さ?)とか色々なワードが出てきて意味が分からなかったので調べてみました。

参考にしたページ

【横浜Techセンター / ディスクロード】スルーアクスルって何!? | Y’s Road 横浜店
http://ysroad.co.jp/yokohama/2017/09/22/27925

Bianchi SPRINT DISC 50サイズ アルテグラDi2 ロードバイク
https://bianchi.ocnk.net/product/2883

これらのページを見れば、BIANCHI SPRINT DISC 105のエンド幅とサイズは以下のようになるようだ。

BIANCHI SPRINT DISC 105フロントリア
エンド幅100mm142mm
スルーアクスルのサイズ12mm12mm
スルーアクスルのサイズはフロント・リアともに12mmだった

実際に測ってみる

実際にどこのことを指してるのかまだはっきりしなかったので、実際に計測してみた。

フロントのエンド幅

フロントフォークの内側がほぼ100mmだった。おそらくここだろう。

リアのエンド幅

フロントと同じく内側の長さが142mmだった。

ということでエンド幅というのは、スルーアクスルの穴がある部分の内側同士を結んだ距離を指すようだ。

スルーアクスルのサイズ

参考にしたページではフロント、リアともに12mmという記載があったが、確かに両方とも12mmだった。

フロントのスルーアクスルを測ってみる

スルーアクスルのサイズとは、シャフトの一番太い部分の径を指すようだ。

サイズ表記ってどこの距離を指しているのか分かんないから、実際に測ってみると納得。これで適合するかどうかの判断が自信をもってできそうだ。