Brytonのアウトフロントマウントにキャットアイのライト(SYNC CORE)を取り付けた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日初めてのサイコンとして Bryton Rider S500を購入したら付属品の中にアウトフロントマウントがあって思いついた。

「マウントの下の方にライトを取り付けてる人いるよね?あれやってみたい!」と思い立って、色々調べた結果、無事に実現できたのでまとめておく。

created by Rinker
ブライトン
¥3,200 (2022/08/08 16:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

利用しているライトはキャットアイ SYNC CORE

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥6,373 (2022/08/08 14:27:38時点 Amazon調べ-詳細)

キャットアイの標準的なマウントなので、他のキャットアイ製品のライトでも当てはまると思う。キャットアイ以外はよくわかりません。

どうやって実現するのか?

キャットアイのライトをブライトンのアウトフロントマウントを接続するには、2つのパーツがあれば実現する。

1つめ: ケーエッジ(K-EDGE) コンボ マウント インターフェイス 338370001 ブラック

created by Rinker
ケーエッジ(K-EDGE)
¥2,620 (2022/08/08 16:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

ブライトンのアウトフロントマウントの下に取り付ける金属製のマウント。2700円くらい、ちょっと高い。

2つめ: REC-MOUNTS(レックマウント) ライトアダプター CATEYE用 樹脂タイプ【GP-CATHL】

created by Rinker
レックマウント(Rec-Mounts)
¥988 (2022/08/08 16:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

K-EDGEのマウントとキャットアイのライトを接続するパーツ。こちらは樹脂製。斜めにせり出す作りなおかげで取り付けたライトがケーブル類と干渉するのを最小限に押さえてくれます。約1000円、ちょっと高い。

いざ取り付けていく

ケーエッジ(K-EDGE) コンボ マウントを、ブライトンのアウトフロントマウントの下部に取り付けます。コンボマウントに付属していたネジがそのまま使えました。

次にREC-MOUNTS(レックマウント) ライトアダプターを取り付けます。Amazonのレビューを見ると削ったり木槌が必要といった内容もありましたが、この組み合わせならぴったりはまります。加工も工具も不要でした。

実際にライトを取り付けてみる。いい感じなのでハンドルに取り付けてみます。

このようにライトが前面に配置されるので、ケーブル類との干渉は最低限で済みました。ライトとサイコンとスマホが一直線に並ぶのは気持ちが良い!

ということで2つのパーツを買えばOKでした。ブライトンのマウントを使っている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA